ホーム > Column, 全てはあのときに始まった > 学生運動の残り滓

学生運動の残り滓

(旧本館掲載:2007年3月1日)

札幌や北海道がおかしくなってきたのは、偏に旧社会党議員横路孝弘氏の働きをおいて他にない。今でこそ民主党所属と道民を謀っているが、元々『社会党のプリンス』と呼ばれ、弁護士時代には、悪名高き全道労協〔現在は解散〕の顧問弁護士を務めたことがある。またMPD・平和と民主運動の呼びかけ人をしていたこともある(余談であるが、千葉県の知事堂本暁子の最大の支援団体がMPD・「市民の党」{MPD・平和と民主運動から改名})。
一応、このMPD・平和と民主運動の流れを簡単に説明すると、元は共産同(共産主義者同盟)のマイナーな分派である日本学生戦線(日学戦)が源流であり、以下の年表のような変遷を歩む。

  • 1974年 法政、上智、京都、同志社大などのノンセクト過激派グループが日本学生戦線結成。
  • 1979年 日学線及びOB組織、「三里塚を支援する労働者の会」を母体に「マルクス-レーニン主義毛沢東思想に立脚した新党」結成を掲げ、立志社結成。以後、北方領土返還運動、ポルポト派支援運動を推進。成田から撤退、市民運動路線へ。
  • 1983年 田英夫、横路孝弘、八代英太らを呼び掛け人にMPD(平和と民主運動)結成。
  • 1990年 大衆党と名を変える。

以後、護憲リベラル→平和・市民→市民の党と名前を変えている。

この様なかなり偏った思想の団体の呼びかけをした1983年は、横路孝弘氏が北海道知事に初当選した年でもある。そのときの最大支援団体は、ご存じの『勝手連(正式名称:横路孝弘と勝手に連帯する若者連合)』であるが、その擁立運動の中心だった田村正敏(故人)氏は、全共闘(全学共闘会議)に所属し、朝日新聞内にバイト労組を作った人である(田村氏は、日大全学共闘会議所属)。横路氏も東大時代に『安保と三池から生れた』といわれる『日本社会主義青年同盟(社青同)』で活動していた過去を持つ(その勝手連創設メンバーには民主党・竹村素子女史も含まれている。これもまた市民活動団体を主催している)。

これから分かることは、横路孝弘とその仲間達は、過去の遺物と化して貰いたい『学生運動』の残党によって組織立てられた『化石』であったことである。それとともに現在のNPOや市民運動という物は、『学生運動家』などの左翼思想家によって基礎が築かれ今に至っていると言うことでもある。現に前回記した『市民ネットワーク北海道』の創設者でもある小林董信氏も学生運動家で札幌地区労働組合協議会(札幌地区労)にも就職していた経歴を持っている。

学生運動は、その全般を通して学生や過激派となった者達の暴走によって国民的な賛同は得られなかったが、しかしその基礎部分は、現代の市民運動やNPO活動に連綿と受け継がれている。なぜなら前述の通り、それらの残党が形を変え同じような手法を用いて人を集めているからである。

本来であるなら、過去にそのような活動をしてきた人間に対して寛容な態度を見せる人はいない。しかしここ北海道では、過激な学生運動があまり発生せず(してはいたのだが関心が薄かった)、その時代に生きた人の中に学生運動に対するアレルギーがあまり存在していない。要するに「対岸の火事」的立場を取るの人が多いということであり、そこにこの手の輩がつけ込む好きが存在していた。それが北海道がどこよりも左翼思想の政治家を跋扈させ易い要因になっていると考える。
少し勘ぐらせていただくと、『学生運動』とは、この世に対する憂いを払拭するという物ではなく、先のことを見据えることのできない弱虫が、全くの絵空事である左翼思想を元に活動し、終わってみると結局『破壊と混乱』しかこの国には残せなかったという救われない運動であったのだろう。

それに気づいた人なら学生運動自体を後悔して真っ当な道を歩もうとする。しかし根っからの左翼思想家は、ほとぼりが冷めた頃に『学生運動』の時の過ちをくり返さないよう知恵をつけ、そのときに叶わなかった夢を実現しようと画策始めている。
というのが北海道の左翼団体(含むNPO)の実情であろう。そのために左翼思想家は、その夢を実現するためにどうしても学生運動経験者で左翼政治家一家である横路孝弘氏を擁立しなければならなかったのだと考える。

しかしただそれだけで左翼が跋扈する要因にはならない。それに拍車をかけているのが最近の人たちのあまりにも『ノンポリ』になりすぎた思想が原因でもあろう。
確かに『学生運動』等は、歴史の一幕でしかないのかもしれない。しかしそれに参加していた人たちが未だ人生の幕切れを迎えていないことを考えると、そうも言っていられないだろう。現にそれら現役の画策で当選した横路孝弘氏は、北海道経済をどん底まで陥れたのである。そしてその遺伝子を引き継いでいる上田文雄氏が、札幌市の長を務めている。先例に照らしてみても何か起こらない方が確率的に低いと考えるのが妥当であろう。

最後に冷静になって考えてみると、左翼と呼ばれる思想(社会主義・共産主義)が、国際的に見て成功した例はない。外見上形を整えているように見えても所詮砂上の楼閣でしか無く、左翼の夢想話がたどる末路は決まって破綻しかない。そして『学生運動』も同様の道を歩んだことは歴史上事実である。それが幾ら形を変えようとも根本的には、左翼は左翼でしかない。確かに様々な思想があることは、この世界を維持していくために必要であるが、左翼思想は、その他の思想に対して存在牽制すること以上の権力を持ってはいけない。ましてやその国や地方自治体の政の長を務めようなどとはもってのほかである。それは資本・民主主義国家であるこの日本では至極当然ではないだろうか。

広告
  1. 日本国籍の札幌市民
    2009/03/2816:30

    60年代に政治活動をやっていた人とはいえ、現実に学生運動が衰退し、社会主義国家が崩壊するのを見て、昔と同じ思想、理想を抱き続けているとは私には思えません。その人たちが、今の時代に合った問題意識を提起し、今の時代の人々に支持されているのであれば、「夢想話がたどる末路は決まって破綻しかない」という結論はまことに安易だと言わざるを得ません。
    昨今の市民運動家、NPO団体などが提起している考え方は、「自治体や企業との協働」が主流です。かつて打倒の対象としていた地方権力や、はなはだしきは爆弾を仕掛けて会社を吹っ飛ばそうとした資本主義の本山?たる企業とパートナーシップを組むという彼らが「社会主義、共産主義」であるとは私には思えません。
    いまどき、北海道でそこまでガチガチに「左翼」をやっている団体は北教組ぐらいではないですか。

  2. 2009/03/2914:46

    「日本国籍の札幌市民」さん、コメントありがとうございます。

    私の経験で申し訳ありませんが、学生運動をしてきた人々の大半が、今でも同じ思想・理想を抱き続けています。ただ、知恵をつけてそれを表に見せていないだけです。

    それにNPOが「自治体や企業との協働」を主流にしているのかは、学生運動が盛んなときに、ゲバ棒持っていた人間やアジをしていた人間を操って、裏で跋扈していた人間が、人物名は証せませんが(私人のため名誉毀損になりかねないので)、企業の取締役などの一定以上の社会的に影響力のある地位に就いていて、そのつながりを利用して行っています。

    余談ですが、そんな人たちは、「北教組」を利用しますが、裏で鼻で笑っています。

    本文にも書いていますが、今の左翼活動家は、学生運動の時のミスを学習して、世論を味方につける方法で活動しています。それを見抜けないと、痛い目を見ると考えています。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。