見返りは菓子折だったのかな?(「民主党の牧議員に依頼」と供述 郵便料金割引悪用の被告(北海道新聞))

以前の記事(ほとんどが悪用だったということで(障害者郵便93%減 1、2月前年比 大半悪用裏づけ(朝日新聞)))の余談で触れていたことではあるが、

障害者団体向け郵便料金割引制度の悪用事件で、大阪地検特捜部に逮捕された障害者支援団体「白山会」(東京都文京区)の会長守田義国容疑者(69)が「民主党の牧義夫衆院議員(51)=愛知4区=に『競合している団体の活動を抑えてほしい』と頼んだ」との供述をしていることが1日、捜査関係者への取材で分かった。(以下省略)

「民主党の牧議員に依頼」と供述 郵便料金割引悪用の被告(北海道新聞)

「…俺だけでなくあいつも悪いんだぁ~」ってなことを言っていないとは思うけど(笑)

でもいくら当の議員が「依頼を受けて質問したわけではなく、違法性はないと思っている」と言っていても

承認の前に、民主党の牧義夫衆院議員(51)=愛知4区=の政策秘書と、東京都文京区の障害者支援団体「白山会」会長守田義国容疑者(69)が日本郵便関東支社(さいたま市)を訪れていた。
(中略)
牧議員の事務所は訪問を認めた上で「郵便側から法律的な解釈の説明を受けた。守田容疑者から謝礼などは受け取っていない」としている。

牧議員秘書が日本郵便訪問 DM発送、直後に一転承認(北海道新聞4月20日付け)

こんなことしていたら、件の質問がどのような意図でされたのか勘ぐられても仕方がないような気がする。

などは受け取っていない…ねぇ。まさか、お金はもらっていないけど、お菓子にしては重たい菓子折もらったとか?(笑)

民主党さん、党首といい、この議員といい、きっちりケリつけないと、国益のこと考えてまじめにやっている議員(居るか居ないか分からないが)に失礼ではないだろうか。

と、言うか、まじめに働いている議員がいるのなら、こういう輩をどうにかした方がいいのでは?白黒どちらでもこのまま放置しておく方が、印象悪くなると思うけど。

…あっ、でも、ニコ動で鳩山のぼんぼんがぶっ飛んだ話してしまったから放置していても同じか…。

カテゴリー:Column, Nonsection タグ: , , ,

男だらけの飛行機(5月5日、男だらけのフライト 操縦士も客室乗務員も…(朝日新聞))

まぁ、なんだ…、

男だらけのフライトはいかが――。日本航空は5月5日、「端午の節句」にちなんで、操縦士や整備士はもちろん、客室乗務員もすべて男性が担う便を運航する。

羽田―鹿児島の1往復が対象。かしわ餅の配布など子供向けのサービスもあるが、最大の目玉は「ロンドンから呼び寄せる2人のイケメン客室乗務員」だとか。 (以下略)

5月5日、男だらけのフライト 操縦士も客室乗務員も…(朝日新聞)

…で、誰得?

これを読んで「アレ」を思い出すのは、ネットに毒されている所為だろうか(苦笑)

しかし、この記事のタイトル「男だらけの~」って、分かりやすいけど、なんかほかの言い回し無かったのかな?それとも、やはり「アレ」を連想させて話題にしようとしているのだろうか。もしそうなら…あざとい。

3月3日には、機長を除く全てを女性が担うという企画があったようであるが、自分的には、逆さまの方が良かったような気がする。

…どうしてかって?それはやはり、女の子の日にはイケメンが接待して、男の子の日にはきれいなお姉さんが…、と考えるのですが、やはりダメでしょうかね。
(それじゃ風俗だろ…と言う突っ込みは無しで)

JALの担当者の方々、ご一考を(笑)

カテゴリー:Column, 小ネタ

報道という名のフィクション(清掃シーンはTBSの依頼で撮影 「誤解を与えかねない」と謝罪(産経新聞))

もうTBSは「報道」をしないでください。

TBS系の「情報7days ニュースキャスター」(11日放送)が、通常実施しない清掃作業を業者に依頼し、報じていたことが26日、分かった。国土交通省近畿地方整備局から事実誤認と指摘され、25日の放送で「誤解を与えかねない表現になったことをおわびします」と謝罪した。(以下略)

清掃シーンはTBSの依頼で撮影 「誤解を与えかねない」と謝罪(産経新聞)

…そこまでしてやりたいのか?

「誤解を与えかねない表現となったことを…」なんて言っているけどね、最初っから視聴者に「誤認」させるつもりだったんでしょうが、白々しい…。

毎度思っているのだが、何でありのまま、見たままで伝えようとしないのだろうか。報道とは本来そう言うものではないか?

特定の思想に汚された影響なのか?それとも特定勢力に便宜を図るためなのか?どちらにしても人として最低であることには違いない。

報道とは、起こったことをそのまま伝えてこそ、存在意義があるはず。なのになんでいちいち脚色するのか?脚色したいのなら、小説でも書いてろ。…あっ、テレビ局だから、ドラマでも撮ってろか…。

こうなってくると、昔からテレビで取り上げられている公共事業の無駄…云々というものも怪しくなってくる。もし本当に無駄なことをしていたとしても、テレビ局(新聞社も)がこの調子だと、本当に無駄なことなのか、信じられなくなる。信じられなくなった報道機関は、無用の長物としかならない。

したり顔で今までやってきたのかもしれないが、これから先、それが通用する世の中ではなくなるだろう。そうなったとき、これら報道機関は、どのように変わるのだろうか。それとも変わらないで自滅するのだろうか。大変興味がわく。

カテゴリー:Column, Nonsection タグ: , , ,

ほとんどが悪用だったということで(障害者郵便93%減 1、2月前年比 大半悪用裏づけ(朝日新聞))

「低料第3種郵便物」が真っ当な使い方をしていなかったことがよく分かる記事…

家電量販大手「ベスト電器」のダイレクトメール(DM)広告をめぐる郵便法違反事件などで使われた障害者団体向けの「低料第3種郵便物」制度の月間利用件数が今年1月と2月、いずれも08年の同月と比べて93%も減っていることが分かった。(以下略)

障害者郵便93%減 1、2月前年比 大半悪用裏づけ(朝日新聞4月24日付)

93%減って、ほとんど無くなったと同じだと思うのですが(苦笑)

それも朝日新聞が報道してから急減して、その後も、悪用が判明した障害者団体の定期刊行物について制度利用の承認を次々と取り消したり、障害者団体側からも廃刊届の提出が相次いだためだとしているが、廃刊届けが相次いだと言うことから、どう見ても障害者団体側も違法状態を認識してやっていたとしか思えない。

加えて日本郵便(旧日本郵政公社)も不正に関与した疑いがあるなどとして捜査を進めているようであるが、制度を運用している側が荷担するのは、あまりにもお粗末としか言えない。

結局のところ、このような制度は、悪用されることを前提として運用すべきではないだろうか。審査などを厳しくして運用することがまずは必要だろう。それによって制度利用を敬遠するかもしれないが、それでもそれを本当に利用したい団体があるのなら、それなりの苦労をしても利用するだろうし、そうでなければ減免措置を受ける資格はないと思う。

この件に関して、障害者団体は利用されただけだ。悪いのは利用しようとした人たちだ…と言う人も居ると思う。しかし、いかなる理由があろうとも利用されたこと自体が罪だとしか言えない。なぜならこのことで真っ当な活動をしている(居るか居ないかは別として)団体に迷惑をかけただけでも、罪ではないだろうか。

…でも関与した側(広告主や日本郵便の社員)にどれだけの実入りがあったのだろうか。結構おいしい話だったのかもね。

余談
別の記事で、福祉事業支援組織「白山会」側が民主党の牧義夫・衆院議員=愛知4区=側に協力を求めていたことも関係者の話で明らかになっているらしい。

この人、マルチ商法業界の政治団体から資金提供を受けていた問題が発覚してたよね。やっぱり似非左翼にろくな者はいないねぇ…。

至極当然の行為(首相、靖国例大祭に供物奉納 中韓反発の可能性(北海道新聞))

北海道新聞…いや共同通信社配信にこんな記事があった。以下は北海道新聞の記事からの抜粋

麻生太郎首相が21日から3日間の日程で始まった靖国神社の春季例大祭に合わせ、「内閣総理大臣」名で「真榊」と呼ばれる供物を奉納していたことが同日、分かった。首相は昨年10月の秋季例大祭でも同様に供物を納めたという。いずれも私費から支出した。首相周辺が明らかにした。

首相は29、30日に中国を訪問し、胡錦濤国家主席、温家宝首相との首脳会談を行う予定。訪中直前に発覚しただけに、中国側が強く反発することも予想される。韓国も懸念を表明する可能性がある。

首相、靖国例大祭に供物奉納 中韓反発の可能性(北海道新聞)

…首相周辺って誰?

「発覚した」と書いているが、中国訪問を控えているので「(わざと)発覚させた」のでは?…共同通信社だったらやりかねない。

記事にも書いてあったが、「国のために戦って亡くなった方々に敬意を表し、ご冥福をお祈りするため奉納した(首相周辺にいると思われるの某氏談)」としているのなら、何が問題なのだろうか。

亡くなった方へ敬意を表すのは、日本人として至極当然の行為であるし、日本のために死んでいった人たちを現首相が、供物を奉納するのが悪いこととは思わないし、一部の近隣諸国が、反発したり懸念を表明しようとも、日本人が日本人を弔うことをとやかく言われる筋合いではない。

共同通信社も「中韓反発の可能性」なんて書いている暇があったら、少しは敬意を表せ。少なくても今こうやって生きていられるのは、過去に戦って亡くなられた方々のおかげなのだから。日本人ならそれくらい常識だろ?

余談
北海道新聞のこの記事を書いた?人へ。いくら共同通信社から金で買っている記事だからと言って、全く同じ文面(参考:首相、靖国例大祭に供物奉納 中韓反発の可能性(47NEWS))で載せないでよ。少しは頭使ったら?

でもこれで給料貰えるんだから、いいご身分ですね、羨ましい(苦笑)

生協は反体制組織?(生協サイト閲覧規制 「反体制的団体」に分類(河北新報))

先週のニュースであるが、笑わせてもらった。以下その抜粋

全国の生協がインターネット上に開設しているホームページ(HP)など生協関連のウェブサイトが、パソコンのセキュリティーソフトで有害サイトとしてアクセスが規制され、閲覧できない状態が続いていることが9日、分かった。

ソフトは生協関連サイトを有害サイトの分類のうち「活動家グループ/反体制的団体」に位置付けており、生協関係者は「全く理解に苦しむ」と困惑している。

ソフトは、ウイルス対策ソフト大手「トレンドマイクロ」(東京)が昨年秋に販売を開始した最新版の総合セキュリティーソフト「ウイルスバスター2009」。

生協サイト閲覧規制「反体制的団体」に分類(河北新報 4月10日付)

トレンドマイクロGJ(笑)

…冗談はさておき、確かに生協は、構成している人の多くが左翼であり、一部には、反体制活動であった学生運動をしていた人間も含まれているようであるが、まさか、そんな内部事情を考慮した…わけないか。

トレンドマイクロでは、「有害サイトを分類する際、何らかのミスで閲覧を規制するデータベースに生協のHPを登録した可能性がある」としているが、どんな手順で登録しているのかが気になる。なんかそれに関連した話題では、「日本学術振興会(http://www.jsps.go.jp/)(go.jpは、政府機関を示す)」のWebサイトもブロックされていたとか…(参考:アクセス規制(TADA Blogさん))。

ますます気になる(笑)

…まさか、Societyに反応した?

生協を英語で書くと「cooperative society(消費生活協同組合)」であり、日本学術振興会は「Japan Society for the Promotion of Science」となる。

強引に2つの共通点を揚げるとこうなるが、そんなことはないだろうけど…。

取り敢えず、「有害サイトブロック(いわゆるブラックリスト)」方式には、このような危険性があると言うことかもしれない。ある日突然、何の告知もなく無害な(と思っている)サイトが閲覧不可になる可能性がある。それを防ぐ上でどのようなサイトが有害なのか、しっかりとした基準が必要なのではないだろうか。

…でもそもそも基準を作るのが難しい気がする。100人いて100人が無害だと思うサイトなどほぼ存在しないはずだから。(一部の人は、政府機関だって有害だと考えているからね…。)

結局のところこの件については、生協HP閲覧可能に「有害」規制を解除(河北新報 4月11日付)となって、落ち着いたようですけど。

余談
ブロックされたのが「生協」じゃなくて「生活クラブ生協」なら、納得するのだが(爆)

ソマリア沖の自衛艦派遣を脱法行為にしたいらしい(警護対象外、3回目の救助 ソマリア海賊対策で海自護衛艦(北海道新聞))

北海道新聞に以下の記事が掲載された。

防衛省によると、ソマリア沖で海賊対策活動中の海上自衛隊の護衛艦「さざなみ」が18日午後8時(現地時間同日午後2時)ごろ、海上警備行動の警護対象外となっているカナダ船籍とみられるクルーザーから「不審な小型船に追跡されている」と無線を受けた。艦載ヘリコプターが発進して近づくと、不審船は停止したという。

海上警備行動は警護対象を日本関連船舶に限定しているが、防衛省は「船員法の『遭難船舶等の救助』に基づく人道的な措置」として警護対象外船舶の救助活動をしており、今回で3回目。“脱法的”との批判もある。

防衛省によると、クルーザーはさざなみから約35キロ離れた海域で無線を発信した。海自の艦載ヘリは約40分後、クルーザーの数キロ先にいる3隻の不審な小型船を発見したが、近づくと停止したという。

3隻はいずれもイエメン国旗を掲げ、防衛省は「武器の有無は確認しておらず、海賊船かどうかは不明」としている。

さざなみは15日に7回目の警護活動を終えた後、ジブチに寄港。8回目の活動のためジブチ沖で待機中だったという。

警護対象外、3回目の救助 ソマリア海賊対策で海自護衛艦

と言う記事があると思えば、

防衛省によると、ソマリア沖で海賊対策活動中の海上自衛隊の護衛艦「さざなみ」が4日午前2時40分(現地時間3日午後8時40分)ごろ、海上警備行動の警護対象外のシンガポール船籍のタンカーから「海賊らしい小型船舶に追われている」との国際無線連絡を受けて現場海域に急行、約20分後に追い払った。

海上警備行動での警護対象は日本船籍、日本人、日本の貨物を運ぶ外国船など日本関連の船舶に限られており、脱法的な活動だった疑いがある。防衛省は「船員法の遭難船舶等の救助を適用した。武器などの強制力を使っておらず問題はない」としている。

(中略)

船員法14条は「船長は、他の船舶または航空機の遭難を知ったときは、人命の救助に必要な手段を尽くさなければならない」と定めている。

ソマリア沖で外国船舶救助 護衛艦、“脱法行為”の疑いも

脱法的って…救難を求めている船舶からの無線が入っても、それを無視する自衛艦の方が、恥だと思うのだが…。

確かに現状では、上に書かれているように日本船籍…等々の決まりがあるかもしれないし、決まり事は守らなければならないかもしれない。

だからといって、救難を求めている船舶があるのにそれを無視していいとは思わない。何か起こったときには、自分ができる最善の(と思われる)方法をとるのが当たり前ではないだろうか。海の上というのは、そう言うものではないのだろうか。

…フト思ったのだが、もし自衛艦が法律に従い警備対象外の船舶からの救難無線を無視して、その所為でその船が海賊に襲われ、被害を受けたとき、この新聞社は、どのように報じるのだろう。その行為を褒めちぎるのだろうか。

…いや、そんなことはないだろう。たぶん、待ってましたとばかりに貶すような記事を書くことだろう。その前に脱法だのなんだのと書いていたとしても。