アーカイブ

Posts Tagged ‘生協’

生協は反体制組織?(生協サイト閲覧規制 「反体制的団体」に分類(河北新報))

先週のニュースであるが、笑わせてもらった。以下その抜粋

全国の生協がインターネット上に開設しているホームページ(HP)など生協関連のウェブサイトが、パソコンのセキュリティーソフトで有害サイトとしてアクセスが規制され、閲覧できない状態が続いていることが9日、分かった。

ソフトは生協関連サイトを有害サイトの分類のうち「活動家グループ/反体制的団体」に位置付けており、生協関係者は「全く理解に苦しむ」と困惑している。

ソフトは、ウイルス対策ソフト大手「トレンドマイクロ」(東京)が昨年秋に販売を開始した最新版の総合セキュリティーソフト「ウイルスバスター2009」。

生協サイト閲覧規制「反体制的団体」に分類(河北新報 4月10日付)

トレンドマイクロGJ(笑)

…冗談はさておき、確かに生協は、構成している人の多くが左翼であり、一部には、反体制活動であった学生運動をしていた人間も含まれているようであるが、まさか、そんな内部事情を考慮した…わけないか。

トレンドマイクロでは、「有害サイトを分類する際、何らかのミスで閲覧を規制するデータベースに生協のHPを登録した可能性がある」としているが、どんな手順で登録しているのかが気になる。なんかそれに関連した話題では、「日本学術振興会(http://www.jsps.go.jp/)(go.jpは、政府機関を示す)」のWebサイトもブロックされていたとか…(参考:アクセス規制(TADA Blogさん))。

ますます気になる(笑)

…まさか、Societyに反応した?

生協を英語で書くと「cooperative society(消費生活協同組合)」であり、日本学術振興会は「Japan Society for the Promotion of Science」となる。

強引に2つの共通点を揚げるとこうなるが、そんなことはないだろうけど…。

取り敢えず、「有害サイトブロック(いわゆるブラックリスト)」方式には、このような危険性があると言うことかもしれない。ある日突然、何の告知もなく無害な(と思っている)サイトが閲覧不可になる可能性がある。それを防ぐ上でどのようなサイトが有害なのか、しっかりとした基準が必要なのではないだろうか。

…でもそもそも基準を作るのが難しい気がする。100人いて100人が無害だと思うサイトなどほぼ存在しないはずだから。(一部の人は、政府機関だって有害だと考えているからね…。)

結局のところこの件については、生協HP閲覧可能に「有害」規制を解除(河北新報 4月11日付)となって、落ち着いたようですけど。

余談
ブロックされたのが「生協」じゃなくて「生活クラブ生協」なら、納得するのだが(爆)

広告